メッセージ
パビスタンプは日本の気候風土に似た地中海地方で生まれた建材です。日本の気候風土に非常に適した塗り壁材です。
西洋漆喰パビスタンプホームページへ
Category
Latest Trackback
177 件中 11 - 20 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 次 > 最後 >>
2010/05/19(Wed)

■本物の良さを見抜けないニッポンジン と お住まい事情。

先の大戦に負けた日本はアメリカの奴隷である。先の大戦の目的は、日本潰しであった。
うまく戦争に引きこまれたのである。戦後は、情報操作によって本当の真実は知らされていない。資源の少ない日本国の為に資源外交を展開した田中角栄氏はアメリカの逆鱗に触れ、大きな問題でもなかったロッキード事件をマスメデイアを利用して、政治家の職を追われ
た。アメリカに協力的なマスメデイアや政治家達は、3S政策の基、華やかであり、高齢ながら今も意気盛んだ。3S政策(screen,Sex,Speed)
アメリカイズムとは、そもそも誤魔化すと意味である。誤魔化す為に、広告やポスター、コマーシャルが流行る。現在は、巧言令色少なし仁ではなく、巧言令色利多しである。
今は、人も偽者、商品も偽物である。宮崎で猛威をふるっている家畜伝染病「口蹄疫」のように広まってしまった。住宅もその一つである。一般の消費材は偽物でも何も問題ないが、一生の買い物である住宅、高額な出費したにもかかわらず20数年で建て替える?
奴隷政策の一つ、建物「上もの」は、資産としての評価がない「日本だけ」ので、建物は
資産として残らない? 多額のローンを払っても、毎日、どぶ川にお金を捨てている理屈である。
賢い知り合いの奥様は、最近家を建てた。実に賢い、築80年の古民家を格安で買った。腕に自身のある大工さん、左官さんを見事に使いこなす。デザインは奥様と息子。
室内デザインは、武蔵野にある白洲二郎、正子夫妻の武相荘を真似る。シェルランプ
の淡い照明、深焼きのテラコッタタイル、八女手漉き和紙の障子、アズール色の洗面器、
西洋漆喰 レビスタンプの厚い外壁―土壁風仕上がり、お風呂場の純白な硬質タイル、
透明感のあるRevistamp-P blanco色のは内壁。。 これでも大手住宅メーカーと比較
すればお釣がくる。 。 。大工の棟梁曰く、この家は、これから百年以上も住めますよ!

本物の建材、質感、風合い、を見抜けるお施主さんは、賢い、実に賢い!
戦後、アパート団地で育ったニポンジンは、本来の情緒的な日本人の感性を忘れて
しまったようだ。
However,  清貧な画家のお家に御邪魔すると、本来の情緒的な日本人の感性を思い出してくれる。玄関の三和土の土間を通って中に入っていくと、日本原種の控えめな白色の椿が生けてある。ちょっと肌寒い凛とした室内に、八女茶の香りと紫蘇葉の味噌漬け。
薄暗い奥の部屋には淡い和紙のシェルランプ。 これこそが豊かな寛ぎ、暮らしである。

働くことを美徳とするニッポンジン。 実は、アメリカとの不平等条約? 為替のトリックである。現在、1米ドル=¥93位であるが、実際は¥50位の価値しかないのである。
アメリカの繁栄は、日本人の犠牲の上に成り立っているのである。この事実を知っている人は少ない。


2010/04/21(Wed)

こんにちは、野口です。

-----Original Message-----


●F☆☆☆☆(Fフォースター)制度はザル法である。

>ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表す制度、F☆☆☆☆(Fフォースター)があります。
>世間は、Fフォースターを取得している建材は何も問題ないように信じられておりますが、
>実際は、O☆(ワンスター)のレベルもない制度なのです。
>国土交通省が決めているこの制度は、極めてハードルの低い基準になっております。


国民だましの法かなとは思います。
人口化学物質は、日々増えていますから、本当はいたちごっごのはずが、変更も見直しもないように思います。仕切り(基準)があるようでない。
日本の法規制のゆるさであり、業界の利権がからんでいると思います。


>高級レストランやホテルの査定基準として、☆☆☆☆、☆☆☆☆☆がありますが、
この査定基準は極めてハードルが高く、常日頃の努力が実を結んだ結果なのです。

日本の第三者機関とは、官公庁の外郭団体か、資格日程機関(独立法人、他)がほとんどで、緩くもなく、辛くもない規制が敷かれる結果になっているように感じます。


>しかし、日本国の、建材に対する、このFフォースター制度の基準は、極めてあいまいなのです。
一般の国民の皆様は、全く理解されていないと思います。

あいまいにしないと、本当の品物が光りすぎてしまうのかもしれません。そんなに本物は、ありませんから、・・・・


>個人的に、市民オンブズマンに参加している立場上、行政の有り方について、色々勉強しております。
>その中で、ニッポン国の汚水基準も又、たいへんお粗末です。 日本国の汚水基準は20DOBです。無茶苦茶です。 

>先進国の中で最下位なのです。世間はエコブーム、エコロジー、エコ住宅、。。。 ??? おかしな世の中です。

日本は対策の国、北欧は政策の国

対策:火事場の底力
政策:予防の智恵の創出


無関心な国民と、行動しない知識人が、問題と思います。

メール配信ありがとうございました。

宇土市 野口氏より



2010/04/19(Mon)

●情報操作、メデイア操作によって日本国民は翻弄されている!

大宅壮一氏が、テレビが普及すれば一億総白痴化すると述べた事を思い出した。彼の言葉が今の世相を端的に現している。
日本国民は真実を知らされていない? TVや新聞の報道を100%信じている?

ライブドアの堀江君が、日本国民の70%は、無知だと、バカだと暴言を吐いたが、私もその通りだと思う。
建築の携わっていると、彼の言葉が真実実を帯びてくる。住宅の7割8割がニセモノに気がつく。TVのコマーシャル、モデルハウス、華麗な住宅情報誌、雑誌、美辞麗句な言葉に騙される。

ニッポン人は、本物を見抜く感性と能力が全くない? 。。。 これも教育のせいかなぁあ〜 ○×式の偏差値教育? 物事を深く考えない?

20年ちかく前から、ヨーロッパと仕事をすることになって、建築家や、法律家、そして貴族という連中と知り合った。 彼らの共通していることは、自分を戒める能力があることである。勿論、キリスト教という神の存在も大きいが、生活は極めて質素であること。 又、哲学書や古典を何度も繰り返し
読み人生の指針にしていることである。
フランス人と友人曰く、 人間は、ちょと油断したり、気を抜くとどんどん悪魔が入ってくる、体にはいって悪魔はどんどん繁殖し、体全体を覆う、そして
事故にあったり、不運になったりする。 だから日頃から、悪魔が入ってこない工夫をすることが大事だである。お付き合いする人間も、筋の良い人たちを友人に持つ。 そして最後に、質素に生きることが大切である。
一昔前の日本人はほとんどそうであったと思う。

しかし、今、現実は、嘘の情報を宗教のように信じ生きるニッポン人が殆どである。

最後に、山形有朋の作った官僚制度、警察制度を、新しく作り変えなければ、日本国は、日本人は豊かになれないと思う。やっと民主主義が芽生えつるある日本国。 この国は、官僚が支配してきた歴史である。法律も官に甘く、民に厳しいのである。 小沢氏の問題、官僚が支配してきた日本に
政治家が挑む。 これに反発する官僚や検察がメデイアを利用して、あいまいな法律である政治資金法を振りかざし小沢氏に押し付けたのである。
民主党の政治が、ここに来て停滞しているのは、小沢氏と検察の間で、
何らかの取り決めがあった思う。 
ニッポン国を、従来通り官僚が支配するか、政治家が支配するかである。
小沢氏が極悪人のように、言われているが、決して、私はそうは思わない。
政治は半分虚業であるから。理屈通ににはいかないのである。

参考、オランダ人ジャーナリストが書いた日本の政治 − 中央公論4月号。

メデアイア操作(情報操作)によって、政治は変えられるのである。確かな真実の情報を知る努力をするべきである。
明日から皆さんも新聞、TVニュースに疑問をもって注視されることを
お願致します。
















2010/04/18(Sun)

●F☆☆☆☆(Fフォースター)制度はザル法である。

ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表す制度、F☆☆☆☆(Fフォースター)があります。世間は、Fフォースターを取得している建材は何も問題ないように信じられておりますが、実際は、O☆(ワンスター)ののレベルもない制度なのです。
国土交通省が決めているこの制度は、極めてハードルの低い基準になっております。

高級レストランやホテルの査定基準として、☆☆☆☆、☆☆☆☆☆がありますが、この査定基準は極めてハードルが高く、常日頃の努力が実を結んだ結果なのです。

しかし、日本国の、建材に対する、このFフォースター制度の基準は、極めてあいまいなのです。一般の国民の皆様は、全く理解されていないと思います。

個人的に、市民オンブズマンに参加している立場上、行政の有り方について、色々勉強しております。
国の汚水基準も又、たいへんお粗末です。 日本国の汚水基準は20DOB
です。無茶苦茶です。 先進国の中で最下位なのです。世間はエコブーム、エコロジー、エコ住宅、。。。 ??? おかしな世の中です。

私共と扱っている西洋漆喰 レビスタンプは、Fスターの取得は不要、
適用外なのです。それは天然素材の証明でもあります。

自然な暮らし、 クーラーに頼らない生活を薦めています。





2010/01/14(Thu)

今日は“間違いだらけの地球環境保護”の“15”を掲載します。
日本国内でも産業界では各家庭に高額の負担を課すことになるとマスコミを巻き
込んで吹聴しています、本当にそうでしょうか? 私たちの知恵は楽しみながら
地球環境保護の方法を作り出せるはずです。 燃焼系の発電をやめれば家庭で
は、節電など考える必要は有りません! 電気を使っても温暖化ガスを全く排出
しなくも成ります! 逆に各家庭の負担が少なく成る方法もあるはずです!
“Yes We Can!”です! そんなあれこれを書いてみたいと思います。

現在地球のあちこちでその影響が猛威を振るっています、そちらの損失の方が
はるかに大きいのですが・・・・・・・  これは4回目のシリーズです
温暖化の影響⇒ http://www.jiji.com/jc/v?p=vs_egw_global-warming-01
              辻 捨丸 giemon@giemon.co.jp


2010/01/13(Wed)

●建築家は、メデイアが作り出した虚像である!

建築材料を販売している職業がら、日頃から、建築設計士や工務店の方、左官さん、大工さんと会って仕事をしている。彼らは、技術者であり、技能者である。色々と建築に関してのアドバイスや指導を受けることがあり尊敬している人達でもあります。

そして、年に数回は、建築家といわれる方とも仕事をする。日本には素晴らしい世界を代表する有名な建築家がいる。彼らは別物から知れないが、私がしる限り、有名な建築家のK氏は、若いときにお粗末な設計をした建物が
あって、屋根の治まりが悪い、雨漏りはするは、軒がないので雨風が直接降り注ぐ等など、お施主さんがたいへん困っておられることも知っている。

昨年の春に仕事をしたリフォーム工事も、ある有名な建築家が設計した建物であった。恐ろしいほどお粗末な設計であった。お施主さん曰く、高額な設計料を取り、築七年で外壁はぼろぼろ、窓の治まりも悪く、雨水が部屋に侵入し、床が腐っていた。信頼できる工務店のK氏と、そして、高齢であったが、熟練された左官さん、大工さんと組み、外壁、内壁のリフォームを西洋漆喰のレビスタンプを使って、美しい建物に仕上げた。

お施主さんは、熊本のドクターでした。奥さんからもたいへん高い評価をして頂き本当に嬉しい気持ちでした。

昨年の暮れに、お施主さんから突然電話が入り、友人が新しく開業したいので、是非レビスタンプを薦めたいとの朗報でした。
感謝感謝の毎日です。
しかし、最近は、デザイナー重視、見た目だけの住宅が多く、現場のことが全く解かっていない設計士や建築家が増えています。現場でのトラブルも多く、訴訟問題になっている東京都内のデザイナーマンションの悪い情報も聞いています。

住宅を建てるときは、慎重に時間をかけて、筋のいい、信頼できうる建築士や、工務店を選ぶことが大切です。

参考までに。


西洋漆喰 パビスタンプ/レビスタンプ 日本事務所

→ www.vonsumaine.com














2010/01/07(Thu)

七草粥
「唐土の鳥が日本に渡らぬ先に七草なずなでホーホーケキョ」
七草粥とは、六日の夜に、この歌を歌いながら、セリ・ナズナ・ゴギョウ(ハハコグ
サ)・ハコベラ・ホトケノザ(コオニタビラコ)・スズナ(カブ)・スズシロ(ダイ
コン)を切り、神棚に供え、正月七日の朝に、粥を入れ無病長寿を願うものです。
この風習は、古くから中国にあり、我が国でも平安時代初期には若草を採って
食べることが、貴族の間でも行われていました。これを七草粥にしたのは室町時
代からだそうです。
セリ:競り勝つ
ナズナ:撫でて汚れを除く
ゴギョウ(御形):仏体
ハコベ:繁栄が蔓延る。
ホトケノザ:仏の安座
スズナ(カブ):神を呼ぶ鈴
スズシロ(大根):汚れのない清白を表す。
地方によって多少違うみたいですが、現在春の七草はせり、なずな「ペンペン草」、
ごぎょう(母子草)、はこべら、ほとけのざ(おおばこ)、すずな(かぶ)、すずし
ろ(大根)をさします。7日の朝に七草粥を食べると1年中病気にかからず寿命も
のびるといわれています。 今日知らされても手遅れですね。スーパーでパック
入りを売っています、夕食にでも食べてみては如何でしょうか?
            辻 捨丸< giemon@giemon.co.jp


2010/01/06(Wed)
image_5952937df2339

Attetnion to all of clients in Japan.


sbjt: beautiful revistamp-P, Ocre+marfil color,
-----------------------------------------------------------------------

our revistamp-P is very suitabe for iinterior wall in japanese house.
japanese climate in summer is dully high moisure+hot temperture, however, our revistamp-P
is settel the problem of high moisure and hot temperture which be suffer the unable to sleep in
the night time. willing to recommed the revistamp-P to your family.

best regards,


Revistamp japana office.

www.vonsumaine.com
info@vonsumaine.com


cc:


2009/12/17(Thu)

お客さま各位



■ レビスタンプは温暖化防止に一役買うかも知れない!




●外壁仕様: 下地用レビスタンプ Fグリス2.5mm  −厚み15mm塗り+ガラスネットR85伏せこみ。
         +仕上げ用レビスタンプ 5〜7mm塗り(オール西洋漆喰の外壁 −塗り厚み 20mm)。

●内壁仕様: レビスタンプP0.8mm − 厚み3mm塗り(素晴らしい調湿、吸放湿作用有り)。


●条件   : きちんとした断熱材使用+窓・ペアグラス使用。屋根の断熱+遮熱材。自然換気。

         壁層が透湿するとことが大事なファクターです − 人間の皮膚のように温度調節することが
         大事です。外気が冷たい時は、壁層が蓄熱し、外気が暑い時は、放熱することで、室内は
        冬場、暖かく、夏場涼しい環境を提供できる。参考 → http://atatakaikurashi.sagafan.jp/



以上の条件をクリアすれば、冬場、夏場は、暖房、クラーに頼らなくても、室内温度は、5〜10℃位は暖かく、
そして、涼しい環境を作り出すことができると確信します。よって、新築の住宅に実験してゆきます。


●間違った暖房 − エアコン暖房は空気を暖める方式です、日本の気侯は、冬場乾燥します。この方式は
             室内を一層乾燥させる間違った方式です。蓄熱暖房、遠赤外線暖房、薪、ペレット
             ストーブをお薦めします。冬場、室内の湿度が50%くらいが理想です。参考まで。 




西洋漆喰 レビスタンプ/パビスタンプ 日本事務所

→ www.vonsumaine.com



cc:
ps: 


2009/12/15(Tue)

間違いだらけの地球環境保護運動!

国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されました、京都
議定書に難色を示していたアメリカもオバマ大統領に変わって参加しています。
しかし、アメリカ国民は地球よりお金のほうが大切なのでしょうか?温暖化ガスの
排出を日本は25%削減すると表明したのに対して、大統領が“4%削減します”
と表明しただけで国内は大混乱に成っています。 同じく拝金的資本主義の国中
国は今や日本を追い抜いて世界第2位の経済大国に成っていながら、このとき
ばかりは“発展途上国”と主張して難色を示しています。 アメリカも中国もお金
のためなら地球はどうなっても良いと考えているようです。まさに狂っています。
日本国内でも産業界では各家庭に高額の負担を課すことになるとマスコミを巻き
込んで吹聴しています、本当にそうでしょうか? 私たちの知恵は楽しみながら
地球環境保護の方法を作り出せるはずです。 燃焼系の発電をやめれば家庭で
どれだけ電気を使ったとしても温暖化ガスを全く排出しなくも成ります!逆に負担
が少なく成る方法もあるはずです! そんなあれこれを書いてみたいと思います。
現在地球のあちこちでその影響が猛威を振るっています、そちらの損失の方が
はるかに大きいのですが・・・・・・・  4回目のシリーズです
温暖化の影響⇒ http://www.jiji.com/jc/v?p=vs_egw_global-warming-01
              辻 捨丸 giemon@giemon.co.jp


177 件中 11 - 20 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 次 > 最後 >>