メッセージ
パビスタンプは日本の気候風土に似た地中海地方で生まれた建材です。日本の気候風土に非常に適した塗り壁材です。
西洋漆喰パビスタンプホームページへ
Category
Latest Trackback
4 件中 1 - 10 件目 << 最初 < 前 1 次 > 最後 >>
2010/01/13(Wed)

●建築家は、メデイアが作り出した虚像である!

建築材料を販売している職業がら、日頃から、建築設計士や工務店の方、左官さん、大工さんと会って仕事をしている。彼らは、技術者であり、技能者である。色々と建築に関してのアドバイスや指導を受けることがあり尊敬している人達でもあります。

そして、年に数回は、建築家といわれる方とも仕事をする。日本には素晴らしい世界を代表する有名な建築家がいる。彼らは別物から知れないが、私がしる限り、有名な建築家のK氏は、若いときにお粗末な設計をした建物が
あって、屋根の治まりが悪い、雨漏りはするは、軒がないので雨風が直接降り注ぐ等など、お施主さんがたいへん困っておられることも知っている。

昨年の春に仕事をしたリフォーム工事も、ある有名な建築家が設計した建物であった。恐ろしいほどお粗末な設計であった。お施主さん曰く、高額な設計料を取り、築七年で外壁はぼろぼろ、窓の治まりも悪く、雨水が部屋に侵入し、床が腐っていた。信頼できる工務店のK氏と、そして、高齢であったが、熟練された左官さん、大工さんと組み、外壁、内壁のリフォームを西洋漆喰のレビスタンプを使って、美しい建物に仕上げた。

お施主さんは、熊本のドクターでした。奥さんからもたいへん高い評価をして頂き本当に嬉しい気持ちでした。

昨年の暮れに、お施主さんから突然電話が入り、友人が新しく開業したいので、是非レビスタンプを薦めたいとの朗報でした。
感謝感謝の毎日です。
しかし、最近は、デザイナー重視、見た目だけの住宅が多く、現場のことが全く解かっていない設計士や建築家が増えています。現場でのトラブルも多く、訴訟問題になっている東京都内のデザイナーマンションの悪い情報も聞いています。

住宅を建てるときは、慎重に時間をかけて、筋のいい、信頼できうる建築士や、工務店を選ぶことが大切です。

参考までに。


西洋漆喰 パビスタンプ/レビスタンプ 日本事務所

→ www.vonsumaine.com














2008/11/22(Sat)

左官屋様 各位



■ 左官職人のネットワーク募集中


将来、住宅建築の方向性として、職人主役の時代になってゆくと期待しております。
そこで、日本も欧米と同じように、職人が主役の建築の時代を作ってゆくべきではないか思いまして
メールにて一報申し上げております。

最近、施主様から直接に材料を注文されるケースがだんだん増えてまいりました。特に、マンションの内装リフォームや、ビニールクロスを剥いで、
又は、その上からパビスタンプ施工される方からの依頼が多くなってきました。
そこで、各地域で信頼のおける左官屋さんを、ご紹介するシステムを作ってゆきたいと検討中しております。

尚、施主さまとの施工費用の決済は直接お願いしております。契約金、登録料は要りませんが、登録上、審査が必要です。
ホームページ上に顔写真と連絡先、電話番号等掲載されます。

ご参加される方は、ご一報下さい。

西洋漆喰 パビスタンプ 日本事務所


2008/08/18(Mon)
image_5d5d6621c351c

■ 古民家再生の内装にパビスタンプ PAJA+BEIGUE を混ぜる。

   設計施工: ハウスランド社 (春日市)


 築140年の古民家の内装にパビスタンプを塗りました。 パビスタンプ (PAJA+BEIGUE)に、少し稲わらを混ぜて土壁風に仕上げました。

吸湿性、調湿性に優れたパビスタンプの室内に居ると、たいへん落ち着きます。

やはり、ヨーロッパ伝統の漆喰 パビスタンプは素晴らしいですね。 
ご主人様より。

施工現場: 福岡県宗像市 カフェー&ギャラリー 楓ふう〜)


2008/08/14(Thu)
image_5d5d6621c44b9

高温多湿の日本の気候に適した、従来の土壁のメリットと、新しい断熱素材を組み合わせて、
冷暖房に依存しない家作りを、パビスタンプを使って実現しようとしています。

F設計士曰く、 外断熱工法も、通気層工法もたいした意味はないと。建材メーカーによる
コピー商品だと! 建築する側にとって、住宅メーカー側にとって、好都合の営業ツールだと。

本来住宅築りは、職人の仕事であり、家内工業であり、地場産業である。 住まいのメインテナンス
を含む、理想的な家作り実現します。お楽しみに。

西洋漆喰 パビスタンプ 日本事務所


4 件中 1 - 10 件目 << 最初 < 前 1 次 > 最後 >>