メッセージ
パビスタンプは日本の気候風土に似た地中海地方で生まれた建材です。日本の気候風土に非常に適した塗り壁材です。
西洋漆喰パビスタンプホームページへ
Category
Latest Trackback
55 件中 1 - 10 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 次 > 最後 >>
2011/02/20(Sun)

ビニールクロスの危険性。


最近、住宅やマンションの火災で亡くなる人が後を絶たない。その理由の一つがビニールクロスの燃焼の際に発生する有毒ガスの問題である。

その理由は、「ビニールクロスは熱分解すると、塩酸やダイオキシンのような有害な有機塩素化合物のガスを、大量に生成するため、
火災時には非常に危険なのです」

長老の左官さん曰く、「昔は、ほとんど家は土壁と漆喰の住まいでした、家が燃えても、人が亡くなることは殆どなかった。しかれど、この頃は、火災で人が亡くなるケースが増えている。その大きな原因は、ビニールクロスに問題あり」と。。。語っておられた。その通りだと思います。確か、建築基準法では、禁止されている化学物質は2種類だったと思います。

厚生労働省では、食品の防腐剤、保存剤、着色剤などの禁止されている化学物質は10種類くらいだと思います。ヨーロッパ諸国の基準と比較すると日本は恐ろしいほど怖い国です。

日本は、欧州諸国と比べても、住まいに対する理念も哲学が全くない。ほとんどの住まいが、サイデングとビニールクロスのお家である。住まいの環境は人格形成において実に大切なものですが、日本国民の多く(70%)が、全く無知であり、勉強もしない、聞く耳も持たないのである。物事の本質を理解することなく、みてくれや外観、上辺だけで判断する、みてくれの悪い無農薬野菜が中々売れない
(百姓の友人が嘆く嘆く!)。

国も、火災で亡くなった根本の原因を国民に説明しようともしない 日本国民よ住まいについても、もっともっと勉強しようではありませんか。国にたいしても、もっともっと文句を言おう。国に対して文句を言わないから、国は国民に対して厳しい政府になるのである。(福沢諭吉の学問の勧めより)

ヨーロッパ漆喰/西洋漆喰 レビスタンプ/パビスタンプ 
日本事務所 → www.vonsumaine.com






2010/07/28(Wed)

●日本人の多くはビニールハウスに住んでいる? 可笑しな国ニッポン?


日本の汚水基準は20DOBであり、先進国の中では最悪の基準であることは以前のブログにて

説明済みである。しかれど、日本の住宅においても、低炭素社会とは、ほど遠くたいへんお粗末な

状況です。その一つは、たいへんむしむしした高温多湿気候であるにもかかわらず、日本の

ほとんどの住まいは、ビニールハウスの中に住んでいるようなものであり、防水性のカッパを着て

生活している状態である。ニッポン人がどうして、最悪な環境の状況を理解しないのか?

可笑しな国ニッポン人のお姿なのである?



むしむしした湿気の多いビニールハウスの中は、ゴキブリやダニにとっては最適な、最高の住まい環境

のようです。最近の薬局やドラッグストアには、これらの駆除用の薬品が多く見かけます。

これも、日本の住宅事情を反映しているようです。

昔は、ハエ取り用のロール紙くらいしかなかったなぁ〜。



私共が、10年前から販売している西洋漆喰 レビスタンプPは、無味無臭、吸放湿性能が高く、調湿

性能に優れた左官仕上げ材である。おかげさまで、エアコン無しでの生活をされている家族が、

どんどん増えています。この西洋しっくい レビスタンプPは、高温多湿気候に日本の気候、風土に

たいへんあっています。



真夏、そこから帰ってきて玄関ドアを開けると、室内が冷やっとしており、皆さん驚かれます。

又、無味無臭なので、新築の匂いがなかね!と、よくいわれます。新築の匂い? 石油製品の匂い

ではないでしょうかね?



西洋しっくい レビスタンプ P → www.vonsumaine.com






2010/07/08(Thu)
image_5d5d6a933c8d0

●築130年、筑紫野・山口の古民家再生と、西洋漆喰レビスタンプの記憶。



・外壁 − REVISTAMP-R BLANCO, GRISPERLA

・内壁 − REVISTAMP-P MARFIL, AMARILLO, BLANCO, HUESO, GAMUZA,






風のくら〜 竹藪の中にひっそりと住んでいた築130年の人間の巣まい。この地区の

豪商であったあかしである。

明治の初めごろは、未だ士農工商の垢が職人の肌に染み込んでいて熟練された技能は

人生のすべてであったに違いない。130年の時を超えて聞こえてくる職人の汗の滴り

やカンナの削る音が、この家の空間に漂う匂いとなって歴史という例証なる哲学を征服

しようとしているようだ。

空気の浄化作用と吸放湿性能の高い、無味無臭の西洋漆喰レビスタンプは、一瞬にて

この家を浄化してしまった。室内に漂う新鮮な空気は、竹藪の隙間からやってくる新しくも

再生された空気のジュニア達と戯れているようです。



機会がございましたら是非一度訪れてみて下さい。季節の花たちが向けえてくれますよ。



連絡先: ハンスランド社 → http://www.h-land.jp/


2010/05/24(Mon)

●エコロジー後進国 ニッポン!

日本国内、どこへ出かけてもエコロジー商品で溢れている。まさにこの世はエコロジーブームである。車や住宅にもエコポイントが付いている。エコ商品だとかなりの割引価格で購入できる。これ自体はたいへんよい事だと
思うが、
しかれど、国の根幹である汚水基準、一つとっても、先進国の中で、最低基準である。日本の汚水基準は20DOBである。

私は建築に携わっているが、この国は建築も嘘だらけ、嘘の建築基準である? 建築を指導している学校も又嘘を教えている。
おかしな国ニッポン?
今、建築は、エコロジー住宅、エコロジー塗り壁ブ−ムである。しかし、残念ながら、ほとんど嘘の塗り壁材はニセモノである。 本物は、昔からある漆喰、土壁、それと、吸放湿効果バツグンの西洋漆喰レビスタンプぐらいである。
我社の宣伝であるが、西洋漆喰 レビスタンプは、ほとんどクーラーに頼らなくても過ごせます。湿気の多い梅雨時は、室内が乾燥するので、たいへん快適に過ごせます。真夏、ドアを開けて部屋に入っても冷っとしています。

西洋漆喰 レビスタンプ/パビスタンプ 日本事務所

→ www.vonsumaine.com







2010/05/19(Wed)

■本物の良さを見抜けないニッポンジン と お住まい事情。

先の大戦に負けた日本はアメリカの奴隷である。先の大戦の目的は、日本潰しであった。
うまく戦争に引きこまれたのである。戦後は、情報操作によって本当の真実は知らされていない。資源の少ない日本国の為に資源外交を展開した田中角栄氏はアメリカの逆鱗に触れ、大きな問題でもなかったロッキード事件をマスメデイアを利用して、政治家の職を追われ
た。アメリカに協力的なマスメデイアや政治家達は、3S政策の基、華やかであり、高齢ながら今も意気盛んだ。3S政策(screen,Sex,Speed)
アメリカイズムとは、そもそも誤魔化すと意味である。誤魔化す為に、広告やポスター、コマーシャルが流行る。現在は、巧言令色少なし仁ではなく、巧言令色利多しである。
今は、人も偽者、商品も偽物である。宮崎で猛威をふるっている家畜伝染病「口蹄疫」のように広まってしまった。住宅もその一つである。一般の消費材は偽物でも何も問題ないが、一生の買い物である住宅、高額な出費したにもかかわらず20数年で建て替える?
奴隷政策の一つ、建物「上もの」は、資産としての評価がない「日本だけ」ので、建物は
資産として残らない? 多額のローンを払っても、毎日、どぶ川にお金を捨てている理屈である。
賢い知り合いの奥様は、最近家を建てた。実に賢い、築80年の古民家を格安で買った。腕に自身のある大工さん、左官さんを見事に使いこなす。デザインは奥様と息子。
室内デザインは、武蔵野にある白洲二郎、正子夫妻の武相荘を真似る。シェルランプ
の淡い照明、深焼きのテラコッタタイル、八女手漉き和紙の障子、アズール色の洗面器、
西洋漆喰 レビスタンプの厚い外壁―土壁風仕上がり、お風呂場の純白な硬質タイル、
透明感のあるRevistamp-P blanco色のは内壁。。 これでも大手住宅メーカーと比較
すればお釣がくる。 。 。大工の棟梁曰く、この家は、これから百年以上も住めますよ!

本物の建材、質感、風合い、を見抜けるお施主さんは、賢い、実に賢い!
戦後、アパート団地で育ったニポンジンは、本来の情緒的な日本人の感性を忘れて
しまったようだ。
However,  清貧な画家のお家に御邪魔すると、本来の情緒的な日本人の感性を思い出してくれる。玄関の三和土の土間を通って中に入っていくと、日本原種の控えめな白色の椿が生けてある。ちょっと肌寒い凛とした室内に、八女茶の香りと紫蘇葉の味噌漬け。
薄暗い奥の部屋には淡い和紙のシェルランプ。 これこそが豊かな寛ぎ、暮らしである。

働くことを美徳とするニッポンジン。 実は、アメリカとの不平等条約? 為替のトリックである。現在、1米ドル=¥93位であるが、実際は¥50位の価値しかないのである。
アメリカの繁栄は、日本人の犠牲の上に成り立っているのである。この事実を知っている人は少ない。


2010/04/21(Wed)

こんにちは、野口です。

-----Original Message-----


●F☆☆☆☆(Fフォースター)制度はザル法である。

>ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表す制度、F☆☆☆☆(Fフォースター)があります。
>世間は、Fフォースターを取得している建材は何も問題ないように信じられておりますが、
>実際は、O☆(ワンスター)のレベルもない制度なのです。
>国土交通省が決めているこの制度は、極めてハードルの低い基準になっております。


国民だましの法かなとは思います。
人口化学物質は、日々増えていますから、本当はいたちごっごのはずが、変更も見直しもないように思います。仕切り(基準)があるようでない。
日本の法規制のゆるさであり、業界の利権がからんでいると思います。


>高級レストランやホテルの査定基準として、☆☆☆☆、☆☆☆☆☆がありますが、
この査定基準は極めてハードルが高く、常日頃の努力が実を結んだ結果なのです。

日本の第三者機関とは、官公庁の外郭団体か、資格日程機関(独立法人、他)がほとんどで、緩くもなく、辛くもない規制が敷かれる結果になっているように感じます。


>しかし、日本国の、建材に対する、このFフォースター制度の基準は、極めてあいまいなのです。
一般の国民の皆様は、全く理解されていないと思います。

あいまいにしないと、本当の品物が光りすぎてしまうのかもしれません。そんなに本物は、ありませんから、・・・・


>個人的に、市民オンブズマンに参加している立場上、行政の有り方について、色々勉強しております。
>その中で、ニッポン国の汚水基準も又、たいへんお粗末です。 日本国の汚水基準は20DOBです。無茶苦茶です。 

>先進国の中で最下位なのです。世間はエコブーム、エコロジー、エコ住宅、。。。 ??? おかしな世の中です。

日本は対策の国、北欧は政策の国

対策:火事場の底力
政策:予防の智恵の創出


無関心な国民と、行動しない知識人が、問題と思います。

メール配信ありがとうございました。

宇土市 野口氏より



2010/04/18(Sun)

●F☆☆☆☆(Fフォースター)制度はザル法である。

ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表す制度、F☆☆☆☆(Fフォースター)があります。世間は、Fフォースターを取得している建材は何も問題ないように信じられておりますが、実際は、O☆(ワンスター)ののレベルもない制度なのです。
国土交通省が決めているこの制度は、極めてハードルの低い基準になっております。

高級レストランやホテルの査定基準として、☆☆☆☆、☆☆☆☆☆がありますが、この査定基準は極めてハードルが高く、常日頃の努力が実を結んだ結果なのです。

しかし、日本国の、建材に対する、このFフォースター制度の基準は、極めてあいまいなのです。一般の国民の皆様は、全く理解されていないと思います。

個人的に、市民オンブズマンに参加している立場上、行政の有り方について、色々勉強しております。
国の汚水基準も又、たいへんお粗末です。 日本国の汚水基準は20DOB
です。無茶苦茶です。 先進国の中で最下位なのです。世間はエコブーム、エコロジー、エコ住宅、。。。 ??? おかしな世の中です。

私共と扱っている西洋漆喰 レビスタンプは、Fスターの取得は不要、
適用外なのです。それは天然素材の証明でもあります。

自然な暮らし、 クーラーに頼らない生活を薦めています。





2010/01/06(Wed)
image_5d5d6a9343e18

Attetnion to all of clients in Japan.


sbjt: beautiful revistamp-P, Ocre+marfil color,
-----------------------------------------------------------------------

our revistamp-P is very suitabe for iinterior wall in japanese house.
japanese climate in summer is dully high moisure+hot temperture, however, our revistamp-P
is settel the problem of high moisure and hot temperture which be suffer the unable to sleep in
the night time. willing to recommed the revistamp-P to your family.

best regards,


Revistamp japana office.

www.vonsumaine.com
info@vonsumaine.com


cc:


2009/12/17(Thu)

お客さま各位



■ レビスタンプは温暖化防止に一役買うかも知れない!




●外壁仕様: 下地用レビスタンプ Fグリス2.5mm  −厚み15mm塗り+ガラスネットR85伏せこみ。
         +仕上げ用レビスタンプ 5〜7mm塗り(オール西洋漆喰の外壁 −塗り厚み 20mm)。

●内壁仕様: レビスタンプP0.8mm − 厚み3mm塗り(素晴らしい調湿、吸放湿作用有り)。


●条件   : きちんとした断熱材使用+窓・ペアグラス使用。屋根の断熱+遮熱材。自然換気。

         壁層が透湿するとことが大事なファクターです − 人間の皮膚のように温度調節することが
         大事です。外気が冷たい時は、壁層が蓄熱し、外気が暑い時は、放熱することで、室内は
        冬場、暖かく、夏場涼しい環境を提供できる。参考 → http://atatakaikurashi.sagafan.jp/



以上の条件をクリアすれば、冬場、夏場は、暖房、クラーに頼らなくても、室内温度は、5〜10℃位は暖かく、
そして、涼しい環境を作り出すことができると確信します。よって、新築の住宅に実験してゆきます。


●間違った暖房 − エアコン暖房は空気を暖める方式です、日本の気侯は、冬場乾燥します。この方式は
             室内を一層乾燥させる間違った方式です。蓄熱暖房、遠赤外線暖房、薪、ペレット
             ストーブをお薦めします。冬場、室内の湿度が50%くらいが理想です。参考まで。 




西洋漆喰 レビスタンプ/パビスタンプ 日本事務所

→ www.vonsumaine.com



cc:
ps: 


2009/11/04(Wed)

昨日、鳩山総理が打ち出した温暖化ガス排出削減目標についてNHKで討論が
放送されていました、産業界はこぞって“難しい!”と出来ない理由を並べ立て
ています。 私は必ず出来る!と思っています。

経済的に厳しい現在どの会社でもコストダウンに取り組んで居られることと思い
ます“25%コストダウンをしよう!”と発表したら如何でしょうか?
多分、昨日のテレビ討論のように現場から出来ない理由をたくさん並べた猛反
発があるものと思います。 それが5%削減しようと言うことであれば現場もそ
れくらいなら出来るような気に成ってそれほどの反発も無いのではないでしょう
か、しかし、現場が納得したと思って任せっきりにしておいては返ってコストが
増えていると言う事はよくある話ではないでしょうか?

京都議定書後の日本の状況が全くその通りだと私は感じています。
25%と言う数字は今までのままでは叶う数字ではないのです、現場は今までの
ままで何とか工夫しようとするから、どう考えても無理なのです。 ここは、やはり
新しい機械を導入してコストダウンを図るか、新しい手法を導入するかをしなけれ
ば出来ないことです、当然これまでも現場なりにコストダウンを進めてきたのだか
ら当然無理な話なのです。

これは、温暖化ガスの排出削減も全く同じではないでしょうか?
私が出来ると言うことには、先ずは燃焼系の発電をやめてしまって全てを常時入
手可能な再生可能エネルギーで賄うことを実行すれば出来ることです。
現在、盛んに普及を進めている太陽光発電や風力発電ではありません地熱や
海の波の力(波力)を使った発電がそれに該当します。 水力もそれにあたりま
すが現在環境負荷の問題や水力ダムの寿命等について技術的に解決されてい
ないので新しく造ることには慎重であるべきと考えます。

八つ場ダム予定地には温泉も有ったはずです、地熱発電の実験も可能ではない
でしょうか? この常時入手可能な再生可能エネルギーで充分な発電が出来た
暁には現在叫ばれています節電についても存分に使えた上に料金もそうとう安く
成るものと考えています。 つまり生活に対する負担が返って少なくなる提案で
あろうと考えます。 今日は発電に付いて書きました、長くなるので後日にまわし
ます。
              辻 捨丸 giemon@giemon.co.jp


55 件中 1 - 10 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 次 > 最後 >>